車査定で修理歴を見抜く事ができるIES

車査定で修理歴を見抜く事ができるIES

最近の車買取業者は、とてもハイテクなアプリを用いている場合があります。そのアプリを用いて、車の査定額を算出している事があるのです。
では具体的にはどのようなアプリがあるかというと、その1つはIESです。そのアプリを用いると、初心者の方でもプロとほぼ同じくらいのレベルの査定ができるのだそうです。

 

そのアプリは、非常に多彩な機能がありますね。その中にとても優秀な機能があって、過去に修理を受けていたか否かを確認できるのです。
修理の有無は、査定士にとっては明らかに重要な情報ですね。もしも修理が発生しているとなると、それは査定金額にも大きな影響を及ぼすからです。

 

具体的には、そのアプリと一緒に膜厚計と呼ばれる機器も一緒に用いる必要があります。それを用いると、過去に修理が発生していたかどうかを確認できる訳ですね。

 

どのような仕組みかというと、まず膜厚計で車の塗装の厚みを計測します。本来車の塗装状況というのは、均一になっているはずです。塗りムラなどが発生していなければ、どの塗装部分も同じ厚みになっている筈ですね。

 

ところが膜厚計という機材を用いると、その厚みを測る事ができるのです。車の一部分の塗装がやや薄くなっている箇所があれば、ちょっとそこは修理が疑われるでしょう。

 

そして膜厚計で計測されたデータは、直ちにスマホのアプリに対してアップロードされるそうです。自動入力される訳ですね。
他にも車査定に関する重要ポイントを見逃さないようにする機能や、履歴を確認できる機能など様々なものがあるのですが。とてもハイテクなアプリだと思いますね。
セルシオ 下取り

 

そして業者によっては、車の事故歴を見抜くのに少々苦戦している事もあるでしょう。そのような時には、IESを導入してみるのも1つの方法だと思います。